So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

True Love~真実の愛~Vol.999 被害者意識があなたの魅力を奪う



さて、このシリーズの結論です。



自分が思いを寄せた男性から恋愛対象にしてもらえなかったり、

職場の上司から叱られたり、

同性の友人から苦言を呈されたなどしたときに、

なんでもかんでも容姿が美しくないせいだ、年齢がいっているせいだ、

というところに逃げ込むと、うまくいきませんし、

あなたの成長を阻害します。



また被害者意識を持っていじけていると、

あなたは、自分が可哀そうで可哀そうでしかたがありませんから、

他の人に目を向けて配慮をしたり、思いやることができなくなりますね?



まわりの人があなたに伝えたかったのは、

あなたがあまりにも自分の傷を後生大事にしすぎるあまり、

まわりの人に対する配慮や思いやりが欠けている点だったのかもしれません。



また、あなたが異性として関心を向けてほしかった男性にしても、

たまたまあなたとはご縁がなかっただけなのかもしれませんし、

その男性が関心をあなたではない別の女性に恋をしたとしても、

彼女の容姿や年齢とはまったくちがう理由で恋をしたのかもしれません。



一番よくないのは、

あなたがまわりの人からの助言を虚心坦懐に自分の成長のチャンスとして受け止められず、

(なかなか難しいことではありますが)

すべて相手が自分を容姿や年齢のせいで差別しているんだというところに逃げ込んで、

自分にとって都合の悪いことには目を向けようとしないことです。



容姿や年齢のことをあえて問題にするとするならば、

その被害者意識があなたを醜く見せ、

その頑なさがあなたを老けて見せてしまう。



つまり、あなたの魅力を奪うのです。



自分に改めるべき点があるというのは、

自分はまだまだ成長のチャンスがある、のびしろがあるということ。

自分がダメであるということではないのです。



あなたを叩いているのは他人ではありません。

あなた以外の誰も、あなたを叩くことはできないのです。







a125x125sakuya









●このはなさくやFacebook公式ページ
●このはなさくやのメインブログ●アメブロはこちら!(毎日更新!最新記事が読めます)

【スピリチュアル・ヒーリング・ロハス関連のオススメネットショップ】
一般書店やアマゾンでは手に入らない掘り出し物のCDや本がたくさん!
ホ・オポノポノグッズやヘミシンクCDもそろってるので、ほぼ毎日チェックしてます!
 



Copyright c 2011 このはなさくや All Rights Reserved.

True Love~真実の愛~Vol.998 改めるべきところがあるのは罪?



他の人から、たとえば上司からの叱責や友人からの助言を、

「ダメだしされた」「否定された」としか受け止められない人もいれば、

一方で、ありがたい助言として受け取って、

自分を成長させる糧に変えていける人もいます。



そのちがいはなんでしょうか?





前回は、他者からの叱責や助言を、

自分に対するダメだしや否定としか受け取れない背景に、

「改めなければならない点があるということは、“罪”である」

というように受け取ってしまっている可能性があることを述べました。





もちろん、なんでもかんでも

能天気にありがたく受け止めろというつもりもありませんし、

あきらかに悪意のある言いがかりなどには

きちんと境界線を引く必要はあります。



ですが、受け止めるべき言葉を受け止めて自分の糧にして、

不必要なものはサラッと流せる人の場合は、

自分に改めなければならない点があるということを、

イコール罪であると受け止めてしまうのではなく、

「またあらたに変われるチャンスがやってきた。」

「自分にはまだまだのびしろがある。」

と言ったように、

前向きに受け止める力があるとお伝えしておきましょう。





これはどちらが正しくてどちらが間違っているというものでもありません。



どちらも正しいですし、どちらも間違っています。

当事者の立場に立てば。



ですが、どちらの考え方が自分を幸せにしてくれるか?

どちらが自分に安らぎをもたらしてくれるか?

どちらが自分の成長に貢献してくれるか?



それらを総合的に考えて、

では、自分はどちらを選ぶのか、

決めることだってできるのです。







この続きは次回に☆













a125x125sakuya









●このはなさくやFacebook公式ページ
●このはなさくやのメインブログ●アメブロはこちら!(毎日更新!最新記事が読めます)

【スピリチュアル・ヒーリング・ロハス関連のオススメネットショップ】
一般書店やアマゾンでは手に入らない掘り出し物のCDや本がたくさん!
ホ・オポノポノグッズやヘミシンクCDもそろってるので、ほぼ毎日チェックしてます!
 



Copyright c 2011 このはなさくや All Rights Reserved.

True Love~真実の愛~Vol.997 完璧主義という仮面の下に隠された罪悪感



さて、前回の続きです。



>何でもかんでも「ダメだしされた」「否定された」と受け止めてしまう。

>攻撃されたと受け取ってしまう。



>上司の叱責や友人からの助言を

>攻撃としか受け取れなくなってしまっているのは

>どのようなこころの動きから来るのでしょう?



前回はこのような質問で締めくくりました。





このようなことが起きる背景として考えられることは、

自分には改めるべきところがあるということを、

「改めなければならない点があるということは、“罪”である」

というように受け取ってしまっているのではないか、

ということがあげられます。





ご本人がもともとの気質として完璧主義の傾向があるのかもしれませんし、

あるいは、もともとはのんびりした気質を持って生まれたのに、

ご両親の双方またはいずれかが極端な完璧主義で、

その影響を受けてしまっているのかもしれません。



そして完璧主義の下には、強い罪悪感が隠されていたりするのですが。





このつづきはまた次回に☆









a125x125sakuya









●このはなさくやFacebook公式ページ
●このはなさくやのメインブログ●アメブロはこちら!(毎日更新!最新記事が読めます)

【スピリチュアル・ヒーリング・ロハス関連のオススメネットショップ】
一般書店やアマゾンでは手に入らない掘り出し物のCDや本がたくさん!
ホ・オポノポノグッズやヘミシンクCDもそろってるので、ほぼ毎日チェックしてます!
 



Copyright c 2011 このはなさくや All Rights Reserved.

True Love~真実の愛~Vol.996 ふてくされは受動攻撃



さて、職場でミスをして上司から注意されるたびごとに、





「たしかにミスをしたのは悪いと思う。

でも、あんな言い方ってないよね?

○○課長ってやっぱり男だよね。

同じミスをしても、同僚のA子さんのときは、ここまで言われなかったもん。

A子さんって見た目もかわいいもんね。

この会社ってやっぱり男社会なんだよ。

あーあ、やっぱり女性って見た目で差別されるのよね~。

美人は得だよね~。

わたしって不細工だから損してるんだわ。トシも行ってるし。」



こんなふうに、なんでもかんでも、

自分を叱った相手が、

容姿や年齢のせいで自分を差別しているのだと論点をすり替えて、

卑屈になられたらどうでしょうか?



こういうのを「受動攻撃」とよぶのですが。





あるいは、いわゆる世間で言うところの婚活をしているなどで、

誰か紹介してほしいと友人知人にお願いしたり、

あるいは恋愛上手な同性の友人に相談したり。

異性の目から見て自分はどう見えるかアドバイスがほしいとお願いしたときに、

「○子さんのこういうところはよくないから直した方がいいと思うよ。」

と厳しい言葉が返ってくると、



「でもこれがわたしだし、

わたしももう若くないから、もう変われないもん。

それに20代の頃と違ってダイエットしてもやせないし。

やっぱり年齢いってるってソンよね。」

とふてくされる。





冗談抜きでこういう女性多いですよ?





何でもかんでも「ダメだしされた」「否定された」と受け止めてしまう。

攻撃されたと受け取ってしまう。



上司の叱責や友人からの助言を

攻撃としか受け取れなくなってしまっているのは

どのようなこころの動きから来るのでしょう?





この続きはまた次回に☆













a125x125sakuya









●このはなさくやFacebook公式ページ
●このはなさくやのメインブログ●アメブロはこちら!(毎日更新!最新記事が読めます)

【スピリチュアル・ヒーリング・ロハス関連のオススメネットショップ】
一般書店やアマゾンでは手に入らない掘り出し物のCDや本がたくさん!
ホ・オポノポノグッズやヘミシンクCDもそろってるので、ほぼ毎日チェックしてます!
 



Copyright c 2011 このはなさくや All Rights Reserved.

True Love~真実の愛~Vol.1000 付き合っている彼から突然別れを切り出された





このはなさくやです。

きょうからまた新しいテーマを扱っていきます。



お付き合いをしている彼から、

突然、別れたいと言われた、というケースです。





~ ここから ~



31歳のOLです。



会社の同僚として出会ってつき合うようになり、

そろそろ2年になる彼がいるのですが、

別れようというメールが突然来ました。



わたしのことをキライになったからということではなく、

去年の暮から具合があまりよくなかった彼のお父様が

実はガンだと診断を受けたので、

長期にわたる介護をしなければならないこと、

また、お父様が経営していた会社の経営状態があまり芳しくなく、

フタを開けてみたら多額の負債を抱えていたこと、

危機を乗り切り再建する為に、

今務めている会社を辞めて、

お父様の会社に役員として入る決心をしたことなど、

いろいろなことが重なって、余裕がないからというのです。



わたしは彼と2年も付き合ってきて、

このまま彼と結婚するんだろうなと考えていたし、

彼以外に考えられません。



それに、苦しいときほど、寄り添いあって、

その苦しみを分かち合うのが、

本当のパートナーではないかと思うのです。



わたしは別れるつもりはないです。

彼を支えるつもりです。



としてもこのままでは納得いかないし、

とにかく会ってちゃんと話し合ってほしいので、

彼に時間を作ってもらって会うことにしました。



現状、彼は会社で顔を合わせてもわたしを避けるようにして

目を合わせてくれようともしないし、

口もきいてくれません。



辛いです。





~ ここまで ~





まず、落ち着いて。爆発しないように(笑)





次回からこういうときに乗り切るコツをお伝えします。







a125x125sakuya









●このはなさくやFacebook公式ページ
●このはなさくやのメインブログ●アメブロはこちら!(毎日更新!最新記事が読めます)

【スピリチュアル・ヒーリング・ロハス関連のオススメネットショップ】
一般書店やアマゾンでは手に入らない掘り出し物のCDや本がたくさん!
ホ・オポノポノグッズやヘミシンクCDもそろってるので、ほぼ毎日チェックしてます!
 



Copyright c 2011 このはなさくや All Rights Reserved.

True Love~真実の愛~Vol.995 年齢や容姿のせいにしてるけど...



女性の価値は年齢や容姿で決まるもの、

自分は若くもないし美しくもないから

男性から相手にされないんだという

女性によくありがちな思い込みについて

ひきつづき検証していきましょう。







ずいぶん以前ですね、

わたしのメールセミナーをお読みになって、

「女性が愛されるのに年齢や容姿は関係ないっていうのは意外でした!」

というご感想とともに、

カウンセリングのご予約のリクエストメールを下さった方が

いらっしゃったのですが、







そのメールをくださったのが真夜中の22時30分ごろ、

カウンセリング実施日時の第一希望が、

その日のわずか30分後の23時、

第二希望が翌日の22時、

第三希望が翌々日のこれまた22時とあったんですね。







営業時間外だったものですから、

そこはわたしもお断りしたところ、







「初めてなので緊張して見落としてしまいました。

それに、家族が寝静まった深夜の方が話しやすいので...」



とはおっしゃられたんですね。







もちろん、初めての相手へのコンタクトは緊張もするものでしょうし、

記載事項の見落としなどのエラーもあるでしょう。







また、ご家族が寝静まってからという気持ちも

もちろん理解できます。







ですが、それは、

ご自分のご家族がお休みになっている時間帯に、ですよ?







その自分の家族もが寝静まっている時間帯に、

赤の他人であるわたしには

起きて自分につきあえということですよね?







いくら人の話を聞くのが仕事と言うカウンセラーであるわたしでも、

自分の生活というものがあるんですよね。当然。







だから営業時間と言うものももうけております。







こんな具合で、

自分の都合を考えるばかりで、

他人を都合を気にかけることが出来ない人が、

パートナーがほしいだの、

大切にしてくれる人を引き寄せたいっていう発想、

土台無理があると思うのですが?







「自分が愛されないのは

容姿が美しくないし年齢もいっているせい。

それで自分はいつもそれで人から差別されるし、

男性からも恋愛対象から外される。」







ご本人はそれが原因だと

思いこんでいらっしゃるかもしれませんが、

男性から恋愛対象として見てもらえない原因は、

もっとちがうところにあるんじゃないでしょうか?







そういうことを言いたいわけです。







このつづきはまた次回に☆











a125x125sakuya









●このはなさくやFacebook公式ページ
●このはなさくやのメインブログ●アメブロはこちら!(毎日更新!最新記事が読めます)

【スピリチュアル・ヒーリング・ロハス関連のオススメネットショップ】
一般書店やアマゾンでは手に入らない掘り出し物のCDや本がたくさん!
ホ・オポノポノグッズやヘミシンクCDもそろってるので、ほぼ毎日チェックしてます!
 



Copyright c 2011 このはなさくや All Rights Reserved.

True Love~真実の愛~Vol.994 わたしって不細工だから損してるんだわ



このように思い込んでいる女性は

多いかもしれません。







多くの女性が、自分が愛されない理由を

ここに求めてきたかもしれませんが、

これはまったくお門違いのところに

理由を求めているだけではないかと、

わたしはこれまでに様々な女性たちを観察してきて感じるのです。







たとえば仕事で遅刻をしたり、

あるいはミスをしたりなどで

きつく叱られたりしたなどのとき。







「たしかにミスをしたのは悪いと思う。

でも、あんな言い方ってないよね?

○○課長ってやっぱり男だよね。

同じミスをしても、同僚のA子さんのときは、

ここまで言われなかったもん。

A子さんって見た目もかわいいもんね。

この会社ってやっぱり男社会なんだよ。

あーあ、やっぱり女性って見た目で差別されるのよね~。

美人は得だよね~。

わたしって不細工だから損してるんだわ。トシも行ってるし。」







実はこの発想そのものが、

自分で自分を醜くする呪文をかけていることに他ならないことは

ご自分でお分かりでしょうか?







この続きはまた次回に☆







a125x125sakuya









●このはなさくやFacebook公式ページ
●このはなさくやのメインブログ●アメブロはこちら!(毎日更新!最新記事が読めます)

【スピリチュアル・ヒーリング・ロハス関連のオススメネットショップ】
一般書店やアマゾンでは手に入らない掘り出し物のCDや本がたくさん!
ホ・オポノポノグッズやヘミシンクCDもそろってるので、ほぼ毎日チェックしてます!
 



Copyright c 2011 このはなさくや All Rights Reserved.

True Love~真実の愛~Vol.993 パートナーが出来ないのは年齢や容姿のせい?





こんにちは。このはなさくやです。

きょうから新しいテーマに移りたいと思います。







前回の号でもふれました、わたしのメールセミナー、

「真実の愛を引き寄せるためのメールセミナー“True Love”」の中で、







「女性が愛されるのに年齢や容姿は関係ないのです。」と、

わたし、このように申し上げているんですが、

この部分に反応してご感想メールをくださる方が

後を絶たないんですね。







「女性が愛されるのに年齢や容姿は関係ないっていうのは意外でした!」と。







30代後半以降から40代の方が圧倒的に多いです。







逆を返せば、自分にパートナーができないのは、

年齢や容姿のせいだと思い込んでいる

女性がそれだけ多いということ、







そして、自分はその条件をクリアしていないから、愛されないんだと、

自分自身の価値を放棄してしまっているか、



あるいはあきらめきれない方の場合、

見当違いのうまくいかない努力を重ね続け、その結果、



「ほらやっぱり、男性は所詮、女性を容姿や年齢で選ぶのよ。」

という確信を深めてしまっているのかの、



いずれかのスパイラルにハマっている方が多いように

お見受けします。







次回から、これについてわたしの考察と見解を

述べて行きたいと思います。







a125x125sakuya









●このはなさくやFacebook公式ページ
●このはなさくやのメインブログ●アメブロはこちら!(毎日更新!最新記事が読めます)

【スピリチュアル・ヒーリング・ロハス関連のオススメネットショップ】
一般書店やアマゾンでは手に入らない掘り出し物のCDや本がたくさん!
ホ・オポノポノグッズやヘミシンクCDもそろってるので、ほぼ毎日チェックしてます!
 



Copyright c 2011 このはなさくや All Rights Reserved.

True Love~真実の愛~Vol.992 許しの本質



前回の続きです。







さて、自分の中の潜在意識のパターンの書き換えがおきると、

たしかに引き寄せる異性のタイプは

変わってくることはあります。







いままで強烈に惹きつけられて

手放せなかったタイプの男性にも、

興味がわかなくなるなどのことも起こりえます。







今までは口では怒りっぽいタイプはイヤだと言いながら

付き合う人つき合う人が怒りっぽい不安定なタイプだったのが、

思考(建前)とハラ(本音)の部分が

一致するようになってくるのです。







そして穏やかで安定した人に

興味がわくようにもなってくるでしょう。







また、あらゆる感情は、

怒りを含めてすべてニュートラルなエネルギーです。







今まであなたは、イヤだイヤだといいながらも、

相手の怒りから感じ取ってきたであろう、

強烈なエネルギーに惹かれてきたのかもしれません。







ですが、あなたの潜在意識の中に書きこまれた

パターンが変わると、

今まで、あなたの中で、

怒りっぽい人とエネルギッシュな人の混同が起きていたのが、

すっきりと整理されて

分別できるようになってくるかもしれません。







あるいは、あなた自身が安定してくると、

今まで不安定に怒りのエネルギーを撒き散らして、

あなたを含めまわりの人をコントロールするという

関わり方しかできなかった彼の方も、

「自分でしっかりと目標を定めて、

人のせいにしないで、自分の意志と選択で、

その目標を遂行していくことに専心する」

こういった方向に

感情のエネルギーを使うことを始めるといったことも

起こりうるかもしれません。







人それぞれですからわかりませんが、

いずれにせよ、人と人は潜在意識でつながっていますから、

片方の変化は必然的に大なり小なり

もう片方にも影響を与えるのです。







そして、「他人と過去は変えられない。」とは言いますが、

あなた自身の中で潜在意識の混乱が整理されてくると、

怒ってばかりいて恐怖を使って支配する人としてしか見られなかった

お父さんについても、

実は、エネルギッシュなタイプの人でもあったのだという、

今までまったく埋没してしまって

表面意識にのぼってこなかった記憶がよみがえり、

まったく新しい目で

ニュートラルにみられるようになってくるかもしれません。







意識が変わったとたんに、

見えてくる過去すらも変わってくるのです。







実はこれが、「許し」というものの本質なのです。













a125x125sakuya









●このはなさくやFacebook公式ページ
●このはなさくやのメインブログ●アメブロはこちら!(毎日更新!最新記事が読めます)

【スピリチュアル・ヒーリング・ロハス関連のオススメネットショップ】
一般書店やアマゾンでは手に入らない掘り出し物のCDや本がたくさん!
ホ・オポノポノグッズやヘミシンクCDもそろってるので、ほぼ毎日チェックしてます!
 



Copyright c 2011 このはなさくや All Rights Reserved.

True Love~真実の愛~Vol.991 手放しとは卒業のこと



前回のつづきです。







「自分のパターンを癒やしたい。」と口では言いつつも、

彼への執着やこだわりが解けてしまって、

彼に興味がなくなってしまうかもしれないことを内心怖れる人もいます。







彼への執着やこだわりを手放すことを、

彼を見捨てることのように感じてしまうんですね。







そしてそれをさみしく感じてしまう。







ですがそれは結局、

ご本人の中の見捨てられ不安を彼に投影しているわけであって、

つまり、自分が見捨てられることへの強烈な不安・恐怖を持っているから、

きっと彼も不安や恐怖にさいなまれるにちがいないという投影なわけですが。







もしわたしが彼に関心を失ってしまったら彼は一人になってしまう、

彼を一人にしてはいけないとこだわってしまって、

気づきを拒む人もいます。







ですが、無理強いする必要はまったくありません。







こころのなかで変容の準備ができたら、

自然に手放せます。







そして、「手放す」ということを

難しく考えてしまう方への補足なのですが、

「手放す」というのは、

「見捨てる」とか「投げ捨てる」ということではなく、

コントロールする為にギュッと握りしめている手を

ふわっと緩めてみることなんですね。







そして、「彼を手放す」というよりは、むしろ、

「彼に対するこだわりや執着を手放す」ということなのです。







こだわりや執着を手放すことができたら、

彼とももっと楽に関われるようになりますし、

二人の関係性は、二人にとってもっともふさわしい形に

落ち着くでしょう。







そして二人が本当にご縁があるのであれば、

二人の関係性もいままでとはちがった

新しいステージに進むでしょうし、

あるいはお互いに一時的にお互いの存在や関係性を通して、

共通のテーマを学ぶためのご縁であったとしても、

よい友人としてのつながりに自然にかわっていくでしょう。







あるいは自然消滅してしまうかもしれません。







でもそこには、

何の痛みも悲しみも後悔も罪悪感も残りません。







お互い、相手がたとえ一時的にせよ、

自分の人生に存在してくれたことに対する感謝と、

安らぎと穏やかさ、そして一種の甘悲しさとともに、

相手を送りだすことができるようになります。







卒業です。









そして、これからやってくる未来の希望に

こころの扉を開き続け、

新しいリレーションシップを招き入れ、

歓迎する準備がととのってくるのです。









このつづきはまた次回に☆













a125x125sakuya









●このはなさくやFacebook公式ページ
●このはなさくやのメインブログ●アメブロはこちら!(毎日更新!最新記事が読めます)

【スピリチュアル・ヒーリング・ロハス関連のオススメネットショップ】
一般書店やアマゾンでは手に入らない掘り出し物のCDや本がたくさん!
ホ・オポノポノグッズやヘミシンクCDもそろってるので、ほぼ毎日チェックしてます!
 



Copyright c 2011 このはなさくや All Rights Reserved.
前の10件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。